赤目四十八滝の紅葉と周辺ランチ

赤目四十八滝 駐車場


昨夜泊まった旅籠屋 奈良針店から車で約30分。
朝8時「赤目四十八滝 駐車場」に到着!

紅葉シーズンの土日は混雑すると思い、張り切って早めに来てみたのですが、
さすがにこの時間だと駐車場はガラガラ。

赤目四十八滝の入口に一番近い駐車場でも、朝8時ならかなり空いていました。

赤目四十八滝 ハイキングコース


赤目四十八滝の入口です。
入山料(大人400円)を払い、さっそく散策スタート!


まだ人も少なく貸切状態♪
澄んだ空気の中、川沿いをどんどん進んで行きます。


あっという間に1つ目の滝に到着~。
赤目四十八滝では、4㎞にわたって滝が次々現れます。


滝を全部まわるハイキングコースは4㎞で往復3時間。
遊歩道があるので歩きやすいですが、アップダウンや滑りやすい場所が多いので
スニーカーや登山靴がおすすめです。


気温は街中と比べるとやはり寒いです。
服装は重ね着がおすすめ。歩いていて暑くなったら脱ぎ着できるものが便利です。



森の中は、どこも紅葉がとってもキレイ。
春には桜、初夏には新緑と季節折々で違う景色が楽しめます。


川や滝の水も澄んでいて、すごく綺麗です。
それもそのはず赤目四十八滝は、”平成の名水百選”に選ばれているのだそう。


水と言えば、赤目四十八滝の中には茶屋がありますが自販機はありません。
私たちは水を買い忘れて1本のお茶をちびちび回し飲みすることに・・。
飲み水の準備はお忘れなく!


一口に滝といってもさまざま。ダイナミックな滝や、


細い布のような滝など、バラエティに富んでいて飽きません。


そして、ようやく最後の滝に到着~。
マイナスイオンをたっぷり浴び、とっても気持ちのいいハイキングでした。


途中で何度か休憩しながらでしたが、ここまでちょうど1時間半かかりました。
ちなみに帰りも同じ道を引き返します。


最終地点にはベンチがあるので、紅葉を見ながらお弁当を食べるのもいいですね。

赤目四十八滝 見どころ


赤目四十八滝で最も美しいといわれる「荷担滝」。
幾つもの滝が重なる人気スポットです!

朝早くから高価そうなカメラを構えた人でいっぱいでした。



続いてのおすすめポイントは「ひな壇滝」。
ネーミングとぴったりですね。


歩いていると足元に目が行きがちですが、ふと見上げるとそこは山!
上の方まで紅葉していて絶景ですよ。


赤目四十八滝は川や滝、紅葉など見どころがたくさん!
散策コース、ハイキングコースと体力に応じて散策できるのも魅力です。
美しい渓谷をハイキングしながら、是非お気に入りの風景を見つけてみてください。

赤目四十八滝 ランチ&土産


ハイキングを終え、スタート地点に戻ってきました。

周辺は土産店が軒を連ねていて、名物「へこきまんじゅう」が人気です。
ネーミングはさておき、味はイケてます♪



赤目四十八滝周辺では、土産店と飲食店を併設している所が多くランチには困りません。
またハイキング客用にお弁当も売られているので、手ぶらで来ても大丈夫です。


私たちは「赤もみじ」さんでランチをすることに!


眺めの良いテーブル席へ。


こちらは伊賀名物「牛汁」。
野菜たっぷりで温まので、寒い日にはおすすめです。


お昼からちょっと豪華に「伊賀牛の朴葉味噌」。
焼けるまでちょっと時間がかかりましたが、赤味噌がきいてて美味しかったです。


ランチ後に赤目四十八滝の駐車場を出ると、反対車線は大渋滞。
駐車場の空きを待つ車でかなり混雑していました。やはりお昼前後は特に混むようです。


赤目からの帰り道、道の駅「針テラス」へ。

観光客でいっぱいの人気スポットです。
地元の特産品や農産物などが豊富に揃っていて、お土産を買うのにおすすめです。

今回は1泊2日の旅で「なばなの里」と「赤目四十八滝」をたっぷり楽しみました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする