熱海市内観光 起雲閣(花子とアンロケ地)と熱海梅園

熱海初日の午後は市内観光へ。

花子とアンのロケ地 起雲閣

kung
ランチを食べた「和食処 天匠」から車で5分、熱海市昭和町の「起雲閣」に到着しました。

起雲閣は大正時代に別荘として築かれ、昭和には熱海を代表する宿だったのだそう。
近年ではNHK朝ドラ「花子とアン」で、九州の炭鉱王、嘉納伝助の屋敷として使われたことでも知られています。

ent
隣接する無料駐車場に車を停め、まずは受付へ。

blu
受付を済ませ、最初に入ったのは群青色が目を引くこちらの和室。

ksk2
窓からは、千坪もあるという庭園が一望できます!

起雲閣は、庭を囲むように建物がいくつも並んでいますが、建物は全て廊下で繋がっており、雨でも濡れずに見学することができます。

日本、中国、欧州の融合建築

廊下を進み、次は洋館へ。
sun
入るとそこはサンルーム。
天井のステンドカラスと床のタイルがとても素敵な上、ポカポカして暖かいです。

kun
サンルームに続く部屋です。天井が日本の神社、彫刻が中国、暖炉がヨーロッパと様々な様式を融合して作られたのだそう。いいとこ取りですね。

danro
こちらはヨーロッパの山荘風の部屋。暖炉の装飾が印象的です。

文豪の愛した宿

heyam
続いて客室のある建物へ。

heya
太宰治が滞在したという「文豪の間」。光が射して明るいです。
あの「人間失格」は起雲閣の別館で執筆されたのだとか。

koyo
お次は「金色夜叉」の尾崎紅葉が宿泊した部屋。名前のイメージそのものの真っ赤な壁です。
紅葉直筆の手紙などが展示されています。

ローマ風熱海温泉?!

yositu
客室を出、昭和4年に完成したという洋館「金剛」へ。
格調高い、贅沢な作りです。

huro
続きにあるのは「ローマ風浴室」。ステンドグラスがモダンな珍しいお風呂です。

起雲閣では大正から昭和初期にかけての和洋さまざまな建築様式を見ることができます。

緑豊かな1,000坪の庭

niwa2
建物の見学を終え、朝ドラ「花子とアン」で見覚えのある庭へ♪
文豪たちもこの広い庭を、気分転換に散歩していたのでしょうね。
sakura
散策中、日本一早い桜「あたみ桜」も見られました!

起雲閣は建物と庭を合わせても1時間ほどで見学できました。
数多くの文豪に愛されたという、贅を尽くした建築物と庭はとても美しく、見応えもたっぷりでした。

起雲閣を出て、次の目的地は「来宮神社」。
・・のつもりでしたが、初詣のせいか来宮神社へ行く道が混んでいたため予定変更。
「熱海梅園」へ向かうことに!

日本一早い梅 熱海梅園

uent
起雲閣から車で5分ほど山側へ走り「熱海梅園」に到着。

ここ熱海梅園には日本一早く咲く梅があるそうで、まだ1月なのに梅が見られるんです。
1/7から”梅まつり”が開催されますが、それまでは入園無料です。

kouhaku
さっそく中へ・・。紅白の梅が本当に咲いてます♪

hutak
んっ?何やら珍しい松を発見!二つに枝分かれして立派に伸びています。

uguisu
しばらく進んで行くと・・梅の香りと共に春を告げるウグイスの声が!
枝にとまってます・・探してみてください♪

kawa
ここ熱海梅園は、明治19年に開園した歴史のある梅園なんだそう。
広い園内には川も流れていて風情があります。

taki
園内の梅はまだ咲き始めではありましたが、一足早く春を感じることができました!
一日目午後の観光つづく・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする