関西の梅の名所ランキング!行って良かったオススメ処2017年用

私たち夫婦がこれまでに行って良かったおすすめの関西の梅の名所をランキング形式でご紹介します。

それぞれ少しずつタイプの違う梅の名所ですので、ランキングはご参考程度に・・・。
2017年の梅の名所おでかけのご参考にご利用ください♪

行って良かった関西の梅の名所ランキング

rank1_a賀名生(あのう)梅林

写真 2014-03-23 12 02 27
山の斜面に約2万本もの梅が!
奈良県五條市にある、まるで雲海のような梅の花が楽しめる絶景スポットです。

斜面に沿って舗装された道があるので軽くハイキングしながら梅散策ができますよ。
車も通れる車道ですが、シーズンの土日は歩いて梅見学する人が多いので車は駐車場に停めて散策は徒歩がオススメです。

ちなみに梅を散策しながら1周歩くハイキングコースは、おおよそ2時間程度。
私たちは、途中で引き返し1時間程度のお花見ハイキングを楽しみました。

基本情報
住所:奈良県五條市西吉野町北曽木
お問合せ窓口:五條市役所西吉野支所地域振興課
入園料:無料
本数:2万本
見頃:2月下旬~3月下旬
HP:賀名生梅林(五條市)

rank2_a北野天満宮

65-45
美しい重要文化財と可愛い梅の花を同時に楽しめる京都で最も有名な梅の名所のひとつ「北野天満宮」。
菅原道真公を祀る全国天満宮の総本社として有名です。

約2万坪の敷地に50種約1500本の梅が咲き誇ります。

お参り後は、上七軒など周辺を観光するのがまた楽しいです。

基本情報
住所:京都府京都市上京区馬喰町
お問合せ窓口:北野天満宮
入園料:拝観無料 梅苑:大人(中学生以上)700円、小人350円
本数:1500本
見頃:2月上旬~3月中旬
HP:北野天満宮

rank3_a観心寺

650-06
大阪府河内長野市にある関西花の寺の25番目のお寺。

広い敷地でアップダウンもあるお寺ですので、ゆっくりお寺見学したい人はスニーカーなどの歩きやすい靴がオススメです。

梅の花だけでなく桜、ツツジ、椿、紅葉など四季を通してお花を楽しむことのできるお寺です。

基本情報
住所:大阪府河内長野市寺元475
お問合せ窓口:観心寺
入園料:拝観無料 大人300円、小中学生100円
本数:300本
見頃:2月中旬~3月上旬
HP:観心寺

rank4_a大阪府立花の文化園

65-b01
大阪府河内長野市にある「花と人との関わりを理解する場」がコンセプトの広大な植物園。

梅の開花期にはコタツが設置され屋外でコタツに入りながら梅の花が観賞できます。

広い敷地でイベントも多く開催されていて梅以外の楽しみも色々あり。

基本情報
住所:大阪府河内長野市高向2292-1
お問合せ窓口:大阪府立花の文化園
入園料:500円
本数:300本
見頃:2月上旬~3月中旬
HP:大阪府立花の文化園

rank5_a長浜盆梅展 慶雲館

65-10
滋賀県長浜市で毎年開催されている「長浜盆梅展」。
明治時代に建築された慶雲館のお座敷に、梅の盆栽がずらりと並びます。
中には樹齢400年を超える古木や、高さ3m近い巨木などもあって見応えたっぷりです。

周辺には長浜城や黒壁スクエアなど観光スポットもいっぱいです。

基本情報
住所:滋賀県長浜市港町2-5
お問合せ窓口:長浜市観光振興課
入園料:大人500円、小中学生200円
本数:300鉢
見頃:1月中旬~3月上旬
HP:長浜盆梅展

これから行ってみたい関西の梅の名所

南部梅林

和歌山県中部に位置する、日本有数の梅の里です。
山の斜面に見渡す限り続くという梅林を一度は見てみたいです。

基本情報
住所:和歌山県みなべ町晩稲
お問合せ窓口:梅の里 観梅協会
入園料:大人300円(中学生以上)、小人(小学生以上)100円
本数:100万本
見頃:1月下旬~3月上旬
HP:みなべ観光協会

大阪天満宮

毎年7月に行われる「天神祭」は日本三大祭の一つとして知られています。
「天満の天神さん」と呼ばれ親しまれていて、大阪の梅の名所としても人気が高い神社です。

基本情報
住所:大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
お問合せ窓口:大阪天満宮
入園料:拝観無料
本数:100本
見頃:2月下旬~3月中旬
HP:大阪天満宮

綾部山梅林

24ヘクタールもある綾部山は、一目2万本といわれる「海の見える梅林」です。
園内には1500年前の古墳群が点在しているのも特徴的です。

基本情報
住所:兵庫県たつの市御津町黒崎
お問合せ窓口:黒崎梅園組合
入園料:大人500円 子供400円
本数:2万本
見頃:2月中旬~3月中旬
HP:綾部山梅林
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする