京都精華町「けいはんな記念公園」

京都府精華町 日本の都市景観100選


今回、向かったのは”京都府精華町”。
「日本の都市景観100選」にも選ばれたとのことで、ご覧のとおり整然とした綺麗な道です。


んっ?道路沿いに気になる建物を発見!
「国立国会図書館 関西館」とあります。

日本で唯一の国立図書館で、東京永田町に本館があるのだそう。
残念ながら日曜は休館で入れませんでしたが、屋上庭園もあるとても立派な建物です。

けいはんな記念公園 見どころ


「けいはんな記念公園」へやってきました。
この公園は、大阪と京都、奈良にまたがる学研都市の建設を記念して造られたそう。

芝生広場


公園駐車場から芝生広場に来ると、何やら大勢の人が!
私たちが訪れた日は雑貨市が開催されてました。
ここでは毎月様々なイベントが行われているそうです。


広い芝生広場では、ピクニックを楽しむ家族連れでいっぱい。
もちろんペットもOKです。

谷あい


園内の散策へ。
きれいな小川が流れていて、ザリガニ釣りを楽しむ親子の姿も。


里山を表現したという日本らしい風景が続き、歩いているだけで癒されます。

日本庭園「水景園」


日本庭園「水景園」に到着。
想像以上に素敵な庭でビックリ!

それもそのはず、平安建都1200年を記念し京都造園界が総力をあげ て造った庭なのだそう。

池の奥には高さ10mの立派な橋があり、京都らしさ満載です。

水景棚


池は棚田状になっていて、飛び石を使って渡ることもできるのだとか。
子供だけでなく大人も楽しめます。


庭にはさまざまな花が咲いていて、季節を感じることができます。

観月橋


さっそく橋を渡ってみることに!


上からの眺めは絶景~♪


周囲の森を生かした造りになっていて、橋からは庭が一望できます。

巨石群


池の反対側には、大きくて細長い石が たくさん!!
御影石で500個もあるのだそう。


さらにここは紅葉の名所でもあります。
上から見る紅葉もなかなか。もちろん下に降りて、散策も可能です。



橋を渡り終えると、ジャングルジムのような建物に着きました。
ここでは面白いポーズの石像が楽しめます。

芽ぶきの森


庭園に続く森の散策へ。
ここは昔からある永谷池を囲む里山林なのだそう。


きちんと手入れされていて、散策しやすいです。


森は30分~1時間ほどでまわれるので、散歩にピッタリです。

まとめ

日本の文化や自然をテーマに造られた「けいはんな記念公園」。
春は桜、秋は紅葉など季節折々の風景を楽しめます。

日本庭園「水景園」は有料ですが、一見の価値アリ!
家族でピクニック、夫婦やカップルで散歩など自然と触れ合えるおすすめの公園です。

けいはんな記念公園 基本情報

〒619-0238
京都府相楽郡精華町精華台6-1
TEL 0774-93-1200

【水景園開園時間】 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休園日】 年末年始 (12/28~1/4)*臨時休園あり

【水景園・芽吹きの森 入園料】 一般200円 小中学生100円

【駐車場】 有料(普通車200台、大型車10台)
普通車400円/回 大型車1500円/回

けいはんな記念公園 豆知識

【芽吹きの森】 一周:約1.2㎞ 所要時間:30分~1時間

森では、春の七草、秋の七草どちらも全て見ることができます。
他にも、季節に応じてさまざまな花や果実を楽しめます。

また、永谷池には晩秋オシドリやマガモがやってきます。


最後までお読みいただきありがとうございました♪(*^▽^*)

今回の夫婦やデートにおすすめの大人も楽しめる関西お出かけスポットは「けいはんな記念公園」でした。
次回もお付き合いいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする