宇治茶の郷~京都和束町(癒しの茶畑ハイキング)


京都府南部にある宇治茶の産地「和束町」。
その生産量は京都府内の約半分を占めるのだそう!

そんなお茶の郷へ茶畑ハイキングに向かいました。

茶畑ハイキング


和束町散策の起点となる「和束茶カフェ」に到着。
こちらの駐車場に車を停め、ここから歩いて茶畑を巡ります。

今回、私たちはトレイルマップに従って約6.5kmの中級コースを歩きます。
他にも約3kmの初級、約9km上級コースがありますが、自由に散策するのも勿論OKです。


出発して間もなく公園が見え、さらにしばらく行くと・・


んっ?トレイルコースの目印?!
半分に割れていて、危うく見逃すところでした・・^^


目印どおり進むと、茶畑が見えてきました~。


一面のグリーン!お茶の畝がとっても美しいです。


和束町のお茶栽培の歴史は古く、鎌倉時代から始まり江戸時代には京都御所にも納められていたのだそう。
皇室御用達だったのですね~。


絶景ポイント1 撰原の茶畑


出発から30分後、最初の絶景ポイント「撰原の茶畑」に到着!


山の頂まで広がる茶畑を眺めながら、持参のお弁当を食べました♪

絶景ポイント2 石寺の茶畑

腹ごしらえをすませ出発すると、分かれ道にきました。


目印の商店の看板を見ると・・も、文字が消えてる?!
近づくと薄っすら見えますので視力の悪い方はご注意を^^


途中には茶畑にピッタリな雰囲気の「ギャラリー」も。


そうこうしているうちに、次の絶景ポイント「石寺の茶畑」に到着しました。


山全体に広がる茶畑は圧巻です。

この辺りはアップダウンが多いので歩きやすい靴がおすすめです。

石田長栄堂の和菓子


散策を終え、「和束町カフェ」まで戻ってきました。


カフェでは和束町産の宇治茶が販売されています。
たくさんある中から、私も二つ買ってみました。


で、最後の締めくくりは、これ!
茶畑ハイキングの途中、石田長栄堂さんで買った「よもぎ餅と桜餅」。
名物の草餅は、私たちより1歩先にお店に入ったおばあちゃんが買い占めてしまったためあえなくこちらを購入^^ お茶ととても合います♪

今回私たちは「生業を歩くコース6.5km」を約2時間で散策しました。
ちなみにお茶摘みは5~6月がシーズンですが、茶畑は一年中緑なのだそう。
いつ行ってもこの景色が見られるんですね~。
普段見ることのできない素晴らしい日本の原風景をたっぷり楽しめますよ!


最後までお読みいただきありがとうございました♪(*^▽^*)

今回の夫婦やデートにおすすめの大人も楽しめる関西お出かけスポットは「茶畑のまち 京都府和束町」でした。
次回もお付き合いいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする