オーロラ旅行の費用は?時期は?カナダVSフィンランドとその他


いつかは行ってみたいオーロラツアー。

そんな日を夢みて、オーロラが見られる観光地について調べてみました。

旅先は?
費用は?
時期は?

カナダ、フィンランド、アラスカ、アイスランド・・・オーロラ見るならどこが良い?

オーロラ観賞に人気の観光地

カナダ

ベストシーズン(見える確率が高い)

冬シーズン……11月中旬から4月上旬
夏シーズン……8月中旬から9月下旬

イエローナイフで12月から4月の冬シーズンの3日滞在で95%。
夏よりも冬の方が見えるそうです。

日本からの行き方(時間)

★ホワイトホースの場合
成田から(8時間55分)バンクーバー到着
バンクーバーから(2時間25分)ホワイト・ホース到着

★イエローナイフの場合
成田から(9時間50分)カルガリー到着
カルガリーから(2時間23分)イエローナイフ到着

★フォートマクマレーの場合
成田から(9時間50分)カルガリー到着
カルガリーから(1時間26分)フォートマクマレー到着

人気の観光地

ホワイトホース周辺
イエローナイフほど有名ではありませんが、オーロラを見ることができる地域です。

★マイルズキャニオン
エメラルドグリーン色の美しいユーコン川の渓谷と自然の美しい風景が楽しめます。
つり橋もあり、紅葉も美しくハイキングがおススメです。
川の水しぶきがまるで馬のたてがみの様だったので、ホワイトホースと呼ばれるようになりました。

★ユーコン自然動物保護区
トナカイ、ムースや貴重なジャコウ牛、バイソンなどを保護している施設です。
日本では見られないような動物を見ることができます。

★SSクロンダイク号
20世紀初めにユーコン川で活躍していた蒸気船です。
ゴールドラッシュ時を彷彿とさせます。
カナダの国定史跡として登録されています。

★タキーニ温泉
極寒の地の、水着のままでゆったりと楽しめる温泉です。
オーロラを見ることもできます。

イエローナイフ周辺
イエローナイフは晴の日が多く、オーロラを見れる確率も高いと人気の町です。
オーロラを見るための施設があるので、初めての人でも比較的観察しやすい場所です。

★オーロラビレッジ
オーロラを見るための施設です。
周辺はオーロラがよく見えるように暗くなっていて、施設内で温かく過ごすことができます。
犬ぞり体験もできます。

★パイロットモニュメント
展望台で、階段を上がったら、イエローナイフの街やグレートスレイブ湖が見渡せます。
昔物資の輸送などで水上プロペラ機がよく使われていた頃の、勇敢なパイロットを称えたモニュメントがあります。

★Down to Earth Gallery 
お土産屋さんで、先住民や地元のアーティストが作った絵やアクセサリー、シロクマグッズ、アロマ、石けんなどが売っています。

★プリンスオブウェールズノーザンヘリテージセンター
先住民の歴史、文化や生活について知ることができます。
迫力のある動物のはく製もたくさんあり、無料でもかなり楽しめます。

フォートマクマレー周辺
カナダの石油の産地ですが、イエローナイフに次ぐオーロラスポットです。

★マクドナルド・アイランド・パーク
色々なスポーツが楽しめる施設です。
プールはもちろん、ロッククライミングやゴルフもできます。

★ピーター・ポンド・モール
買い物をするなら、色々なお店が入っているので便利です。

★オイルサンド・ディスカバリー・センター
フォートマクマレーは、オイルサンドと呼ばれる、石油成分を含む砂岩が採れることで有名になりました。
オイルサンド・ディスカバリー・センターでは、展示品を通してこのオイルサンドについて知ることができます。

ツアーで行く場合の料金(ベストシーズンの場合で)

東京 161000円~
大阪 177800円~

※価格はツアーのグレードや時期で大きく変わりますのでご参考程度に。

フィンランド

ベストシーズン(見える確率が高い)

3月から9月。
特に9月10月、2月3月がよく見える

確率は60%程度。

日本からの行き方(時間)

成田や関空から出ている直行便を利用するのが便利です。
ヘルシンキに着いたら、そこから飛行機、バスや列車で各地に移動します。
成田、関空からヘルシンキまでは約10時間半程度です。

人気の観光地

サーリセルカ 
フィンランドでは一番オーロラを見られるチャンスが多いと言われる有名な地域です。
オーロラの他にもスキー、スノーモービル、や犬ぞり、トナカイのそりなどが楽しめ、昼間でも退屈することがありません。

ロヴァニエミ
サンタクロースの村があることで有名です。
サンタと話をしたり写真を撮ったり、クリスマスにサンタから手紙を送ってもらえるように申し込むことができます。
かわいい雑貨屋さんやレストランも充実しています。

ロヴァニエミとヘルシンキを結ぶ夜行寝台列車「サンタクロースエキスプレス」を利用するのもいいでしょう。

イナリ
美しいイナリ湖のあるイナリは、凍っている湖上でオーロラ観測できます。
割と高い確率でオーロラを見られる地域です。
オーロラを見るためにはバスなどで移動して寒い中待ったりすることが多い中、イナリでは湖近くのホテルで待つと比較的楽に観測できます。

昼間は先住民族サーミ族の博物館を観光するのもいいでしょう。

・ツアーで行く場合の料金(ベストシーズンの場合で)
東京 168000円から
大阪 209800円から 

※価格はツアーのグレードや時期で大きく変わりますのでご参考程度に。

アラスカ

ベストシーズン(見える確率が高い)

フェアバンクスでは、一年を通してオーロラを見ることができるのが特徴ですが、8月末から3月がベスト。

確率は60%位。

日本からの行き方(時間)

シアトル経由で約15時間程度。
成田から9時間20分でシアトルに
シアトルから3時間50分でフェアバンクスに到着

人気の観光地

フェアバンクス周辺
★デナリ国立公園
北米で一番高いと言われるデナリ山(マッキンリー)を含む国立の公園です。
毎年40万人以上が訪れる人気の公園です。
沢山の種類の動物がいて、トナカイ、ムース、オオカミ、グリズリーをはじめアラスカの鳥類も多く生息しています。

★チナホットスプリングス
フェアバンクスから約1時間半位の宿泊施設です。
タイミングが良かったら、温泉に入りながらオーロラ観測できるのが人気です。
水着を着て入る天然の温泉でのんびりくつろげます。

スノーモービルや犬ぞり体験もできるし、オーロラを見るには便利な施設です。

またすべて壁や床などが全て氷で出来た大聖堂のアイスミュージアムもあり、バーでお酒を楽しむこともできます。

★ランニング レインディアー ランチ
トナカイとお散歩できる農場です。
珍しいトナカイと触れ合える人気スポットです。

ツアーで行く場合の料金(ベストシーズンの場合で)

東京 167000円~
大阪  197000円~

※価格はツアーのグレードや時期で大きく変わりますのでご参考程度に。

アイスランド

ベストシーズン(見える確率が高い)

9月~3月
比較的暖かく、早い時間にオーロラが出て、都市部で観測できるので楽なのですが、天候が変わりやすいので見える確率は40%程度です。

・日本からの行き方(時間)
成田からヘルシンキ経由でアイスランドのレイキャビクまで14時間少し
関空からヘルシンキ経由でレイキャビクまで約13時間50分

人気の観光地

ブルーラグーン
ブルーラグーンは、美しい青色の世界の中でも最大級の露天風呂です。
広く美しい温泉につかりながら、運が良ければオーロラ観測できます。
肌が美しくなるなどの効能があるので、人気の観光スポットになっています。

グトルフォスの滝
アイスランドの有名なグトルフォスの滝。
アイスランド語では、グトルは「黄金」フォスは「滝」を指します。
幅は70メートル、落差は30メートルもあり、虹がかかることもあります。
冬の凍った滝も美しいと人気です

ゴールデンサークル
アイスランドの人気の観光スポットです。
ストロックル間欠泉は、5~10分間隔で熱水が噴き出る間欠泉です。
約20mの高さにまで噴き出すこともあるようです。

地球の割れ目と言われている「ギャウ」は、、ユーラシアプレートと北米プレートの境にあたります。

・ツアーで行く場合の料金(ベストシーズンの場合で)
東京 195000円から
大阪 209600円から

※価格はツアーのグレードや時期で大きく変わりますのでご参考程度に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする