福島「五色沼」ハイキングと「磐梯吾妻レークライン」ドライブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



福島旅行3日目は、磐梯高原を観光します。
五色沼や磐梯山ドライブコース、猪苗代湖など裏磐梯の人気スポットを巡ります。

スポンサーリンク

五色沼入口と駐車場



五色沼の入口は2か所。
「毘沙門沼」側と「柳沼」側です。



柳沼側の入口は、宿泊した「裏磐梯レイクリゾートホテル」の目の前!




ホテルから歩いて行くこともできますが、私たちは「裏磐梯物産館」の駐車場を利用しました。




物産館は広いので、お土産を見たり休憩できたりと便利です。




朝9時すぎで駐車場は、ほぼ満車。




ですが周辺に駐車場はたくさんあるので、駐車に困ることはまずありません。

五色沼 見どころ



いよいよ五色沼ハイキングスタート!

柳沼



入口からすぐの「柳沼」。
針葉樹林に囲まれた沼で、小さな魚が泳いでいるのが見えます。

青沼



続いては「青沼」。名前のとおり青くてキレイ~。




展望台があり、全体を見渡すことができます。
神秘的なエメラルドグリーンの水面に癒されます。

弁天沼



んっ?あれは・・次の沼?!




目の前に現れたのは、なんと!ターコイズブルーの「弁天沼」。




この世のものと思えないほどの美しさに大興奮!!
五色沼スゴすぎる・・( ゚Д゚)

赤沼



興奮冷めやらぬまま先へ進みます。

ちなみにハイキングコースは、アップダウンが少なく歩きやすいです。GWだったのでお子さん連れも多かったです。




道は岩でデコボコしてたり、ぬかるんでいるところもあるので、汚れてもいいズボンやスニーカーがおすすめです。




しばらく行くと「赤沼」に到着。

この沼は”抹茶”みたいなグリーン!・・なのになぜ赤沼?
理由は水際の植物が、水に含まれる鉄分で赤茶色に変化することからその名が付いたから。

言われてみれば沼の周囲が赤茶色なのに気づきます。
こんなに色とりどりの沼を見るのは初めてで、驚きの連続です。




間近で見ると、水が澄んでいてとっても綺麗~♪

毘沙門沼



最後は「毘沙門沼」。
五色沼で一番大きな沼で、手漕ぎボートを楽しむことができます。




五色沼の所要時間は、往復で約2時間でした。




想像以上に美しく見ごたえがあり、自然が好きな方なら「来てよかった~。」ときっと思うはず!
裏磐梯で一番のおすすめスポットです^^

桧原湖



五色沼のすぐそばにある「桧原湖」は、裏磐梯最大の湖。




春~秋は遊覧船やボート、冬はワカサギ釣りが楽しめます。

磐梯吾妻レークライン 眺望スポット



裏磐梯の3大ドライブコースのうち、2コースを走ります。
まずは「磐梯吾妻レ-クライン」へ。

涼風峠



小野川湖が見える「涼風峠」




道沿いに駐車場があるので、停めやすく便利です。

 三湖パラダイス



「三湖パラダイス」は3つの湖(桧原・小野川・秋元湖)を見渡せるスポットです。

車窓の景色



ドライブ中の車窓からの景色は雄大~。




コース途中には、駐車できる場所がいくつか出てくるので、車から降りて見事な眺めをゆっくり楽しめます。

GWでも道はとても空いていて、走りやすかったです。

中津川橋



最後は中津川渓谷へ。
レストハウスがあります。




レストハウスの脇に、川へ歩いて降りられる道を発見!
残念ながらゴールデンウィークは、新緑にはまだ早かった・・。




中津川渓谷に架かる橋では、初夏に新緑、秋には真っ赤に染まる紅葉が見どころです。

裏磐梯物産館から片道30分のドライブでした。

桧原湖周辺 ランチ



中津川渓谷のレストハウスでUターンし、桧原湖に戻ってきました。



周辺は飲食店が充実しています。




湖を眺めながら、喜多方ラーメンをいただきました♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする