4泊6日 初めてのハワイ旅行記~2日目アラモアナ・ダウンタウン~



ハワイ2日目は、トロリーで「アラモアナ」と「ダウンタウン」観光へ。




朝食は、シェラトンホテル内のローソンで買ったおにぎり。
保温ケースで売られていたので、あったかくて美味しかったです。

レアレアトロリーで移動



最初の目的地はアラモアナ。
HISのレアレアトロリーに乗って移動します。




レアレアトロリーは、ダイヤモンドヘッド~ダウンタウンまで、主に9ライン運行。
定番スポットや人気スポットをまわっています。

私たちもロイヤルハワイアンセンター前からパスを見せて乗車します。




中はこんな感じで開放的なので、外の景色がよ~く見えます。
ガイドさんが日本語で案内してくれるのですが、風で声が聞こえづらいときも。



カラカウア通りを過ぎると、運河が見えてきました。




運河の向こうはゴルフ場になっていて、1,500円と格安でプレーできるためいつも混んでいるのだとか。

アラモアナセンターでショッピング



トロリーに揺られること約20分「アラモアナセンター」到着。




高級ブランドやデパート、雑貨、レストランなど
340店が集まる巨大ショッピングセンターです。

さっそく館内を散策♪




エルメスの横に、草間彌生さんのかぼちゃを発見!
草間さんといえば原色のイメージですが、こちらはシックですね。




上から下までマグネットの土産店。




ゴディバでは、美味しそうな”いちごのチョコがけ”が。




スーパーにデパートのアウトレット等々・・あらゆる店舗が入っています。
日本にもこんなショッピングセンターがあるといいなぁ。




とっても現実的なマネキンに誘われ、大型スーパー「ターゲット」へ。




3F食料品コーナーへやってきました。




パスタソースだけでこの品揃え!




スタバは缶、瓶、ボトル勢ぞろい。




2Fにはお土産コーナーもありました。
おもちゃコーナーでは大好きなドラマ「ゲームオブスローンズ」のゲームを発見。

海外のスーパーって、珍しいものがたくさんあって見ているだけでも楽しめますね♪

アラモアナ フードコートでランチ



アラモアナセンター内には、フードコートが2カ所あります。




こちら「マカイ・マーケット」には、ローカルフードや各国料理など約30店舗が入っています。




もう一方の「シロキヤ」は日本食を中心に、約50店舗が集まっています。
私たちはシロキヤの方へ。




和洋中いろんなお店がありますが、夫は「炭火焼肉たむら」に。



スパイシーチキン&焼肉、9.5ドル。




胃がまだ本調子ではない私は「うろん釜だし」へ。




わかめうどん。やさしい出汁がしみる~。
値段は6ドルくらいで、リーズナブルに日本食を味わえました。

トロリーは寒い?!



アラモアナセンターから再びレアレアトロリーに乗り、ダウンタウンへ向かいます。

お正月のハワイの最高気温は26~28℃くらい。
年中常夏のイメージですが、日本の6月と同じくらいの気温です。

季節によると思いますが、トロリーは窓がないので身体に風をもろに受けて結構寒いです。




アラモアナ辺りは海岸も近く、かなりの強風でした。
普段暑がりの夫もアラモアナセンターで防寒用にパーカーを購入したくらい。

私は膝にかけていたストールが、手を離したすきにあっという間に風に飛ばされてしまいました。お気に入りだったのに・・。
トロリーに乗るときは、一枚羽織るものがあると便利です。




出発からまもなく、ガイドさんの声でビルを見上げると・・
なんと!建物からプールが突き出してます。

ここはコンドミニアムで、このプールに入りたくて購入した人もいるのだとか。
下から見てもすごい光景です。

ダウンタウンのおすすめ観光スポット



アラモアナセンターを出発して10分後、”ダウンタウン”へやってきました。
トロリーは、ダウンタウンの観光スポットを順に巡ってくれます。




1958年完成の「セント・アンドリュース大聖堂」。




「ハワイ出雲大社」。




「チャイナタウン」を進み、




海岸近くへ。




そして、再びダウンタウン中心部へ戻ってきました。
ダウンタウンは官庁やオフィスの並ぶ、政治経済の中心です。



私たちは「カメハメハ大王像」の前で下車。




後ろの建物は「ハワイ州最高裁判所」です。

さっそく周辺の散策へ。




カメハメハ像から徒歩5分、「ハワイ州政府庁」へ。




庁舎は、青空が見える吹き抜けの建物。
知事室や議事堂があり見学も可能だそうです。




そしてこの建物を見つめている像は、ハワイ最後の女王「リリウオカラニ女王」。




そんな女王も住まれていたという「イオラニ宮殿」の見学へ。

イオラニ宮殿は、カメハメハ大王像の向かい側にあります。




1882年に建てられた宮殿は、近くで見ると一層美しいです。




さっそくチケットの購入へ。
チケット売り場が少し分かりづらかったのですが、宮殿正面に向かって左の建物になります。

日本語ガイドツアーが終了していたので、私たちはオーディオツアーに。
オーディオツアーは、美術館の”音声ガイド”と同じようなものです。




見学は宮殿の裏から入ります。
入ってすぐのホールには、ハワイの木コアウッドの立派な階段が。




ここには歴代の王達の写真が飾られています。




こちらは食堂。ひときわ大きな椅子は、王様の席でしょうか。




シャンデリアや絨毯が豪華な「王座の間」。

1階は、晩餐会など公式行事に使用される部屋が並びます。




一方、2階は王族のプライベートなスペース。
王や女王の寝室などが見られます。




当時では珍しい電話や、電気設備も整っています。




部屋は家具やカーテンなどの色が統一されていて、とてもモダンで素敵です。

見学の所要時間は40分ほどでした。
オーディオガイドのおかげで、王家の暮らしぶりやハワイの歴史を知ることができました。



ダウンタウン観光を終え、トロリーでワイキキへ戻ります。

途中通った”カカアコ”では、壁画がいっぱい!




車窓からアートな街を楽しみました。

ワイキキ レストランでの支払い方法



夜、カラカウア通りで夕食のお店探し。
ポケ丼が人気の「コココーブ」・・ではなく2階のレストランへ。




シーフード&ステーキ「アトランティス」で夕食をとることに。




夫はビール、お酒が弱い私はアイスティー。

ちなみにハワイの水道水は飲めます。
私も実際にレストランで飲みましたが、大阪の水よりおいしくお腹を壊すこともありませんでした!




夫は「ロコモコ」。




私はホタテや白身魚などの「シーフードソテー」。
お味はまあまあでした。

このお店では、お肉とシーフードの両方楽しめますが、周りのテーブルでよく見かけたのは、大きな”ロブスター”!
どうやらここの看板メニューのようです。




支払いはテーブルでします。
伝票の下の方に書かれている15~20%のチップ額を参考に、支払うチップの額を決めます。

この伝票には既に18%のチップ(Gratuity)を含んだ合計額が書かれていたのですが、私たちは15%のチップで計算しなおし62ドル支払いました。

お店によって合計額にチップが含まれている場合とそうでない場合があるのでご注意を!

ヒルトン 花火ショー



夕食後、カラカウア通りをウィンドウショッピングしながら、
ヒルトン方面へ移動。




目的は花火!
ヒルトン前のビーチでは、毎週金曜19:45~花火ショーが開催されています。




10分間とあっという間のショーでしたが、ワイキキの浜辺に座って見る花火は格別でした♪




ホテルに戻ると、プールがライトアップされていました。




シェラトンでは、毎晩プールで「3Dプロジェクションマッピングショー」が開催されています。水面に映るさまざまな立体映像を楽しむことができますよ。

3日目へ続く・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする