奈良 平城宮跡の見どころ&ランチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



奈良市内にある「平城宮跡」へ行ってきました。
近年、復元工事が進んでおり見どころ満載です!

平城宮跡 駐車場



平城宮跡に駐車場は4か所あります。
「朱雀門ひろば」にある有料駐車場(42台)のほか無料駐車場3か所。

有料駐車場は観光に便利な場所にあるため、土日は満車の場合が多いです。
私たちは周辺の「国道24号高架下駐車場」を利用しました。
ちょうど社会実験期間中で無料で停められました。

朱雀門



駐車場から徒歩3分で「平城宮跡歴史公園」へ。




まもなく「朱雀門ひろば」に到着。
めちゃめちゃ広~い。

奈良時代には外国使節の送迎や、元日のお祝いの儀式が行われていた場所だそう。大勢の人びとが集まっていたんでしょうね~。




で、こちらが「朱雀門」。
平城宮の正門です。




二重屋根の、とっても立派な門です。




門の向こうは、現在復元整備中。(見学OK)
当時は、役人の式典や執務が行われていたそう。

「朱雀門ひろば」の観光施設



朱雀門ひろばには、観光案内所やレストランなど5つの施設があります。




レストランやカフェの入る「天平うまし館」。




休憩所「天平つどい館」では、ペッパーと一緒に3ポーズの写真を撮れます。

遣唐使船



建物に囲まれた中庭は芝生広場になっており、美しい季節の花々が観賞できます。

・・んっ?後方に何やら船が!




復元した「遣唐使船」が展示されていました。



無料で乗船できるので、行ってみることに!




実際乗ってみると、なかなか立派なつくりです。
ちなみに船の一番前は、位の高い方の船室だそう。




船内には細かな説明書きがあり、勉強になりました。

土産店



芝生広場のせんと君を過ぎると・・



土産店「天平みつき館」です。




奈良の特産品がたくさん並んでいます。




スイーツや地酒が充実してました。




奈良産の靴下など、こだわりの雑貨が多かったです。

平城宮跡 カフェランチ



平城宮跡の飲食店は2軒。

ランチは奈良県産野菜のおばんざい+メイン、夜はフレンチコースのレストラン。そして軽食のあるカフェです。




私たちはカフェ「イラカコーヒー」へ。



テーブル席が満席だったので、カウンター席へ。




こちらのカフェでは、うどんがいただけます。




奈良しょう油うどん。
シンプルですがコシがあって美味しかったです。




芝生広場が目の前で、眺めもバッチリです♪

平城宮いざない館



平城宮を詳しく知りたい方は「平城宮いざない館」へ。
館内は、主に4つの展示室に分かれています。



建物や平城宮全域の復元模型を、間近で見ることができたり、


古代衣装にコスプレし、記念写真を撮るなどの体験ができます。



この長い木は、排水管です。
館内はとても広く、貴重な出土品が多く展示されています。



「1300年も前にこんな高い技術があったんだ~。」とビックリ!
さまざまな展示品から、当時の暮らしぶりを知ることができました。

なんと!入館無料(所要時間30分~1時間)
見応え充分ですよ。

平城宮 カフェでスイーツ



再びカフェへ。
おいしいケーキとコーヒーでほっと一息。



朱雀門ひろばでは、休日のイベントが行われていました。


この日のキッチンカーは”クレープ”。
陽気な日には、オープンカフェもいいですね。

第一大極殿



平城宮跡には近鉄奈良線が横切っています。
踏切を渡って、いよいよ宮殿の見学へ。




「大極殿」が見えてきました。
朱雀門の真北約800mにそびえる、平城宮最大の建物です。



さっそく宮殿の内部へ。




欄干には5色の玉が施されていて豪華~。




中に入ると・・
天井は花柄、壁には12支が描かれています。


 

中央には天皇の玉座「高御座」がありました。
こちらでは元旦の朝賀や、天皇の即位が行われていたそうです。

おごそかな雰囲気でした。

推定宮内省



大極殿近くには、役所の遺構が多くあります。
こちらは食物の調達を担っていた「推定大膳職」。
ツゲの木で建物の柱の跡を表示しています。




続いてやって来たのは「推定宮内省」。




宮内省の塀や建物が復元されています。
中は事務所のような感じ。




当時は立派な建物がたくさん建っていたのでしょうね。

遺構展示館



「遺構展示館」では奈良時代の役所の遺構を、間近で見ることができます。




発見当時の状態で保存・展示されています。
貴重ですね。

東院庭園



奈良時代にタイムスリップしたような風景を見ながら、最後の目的地へ。

平城宮跡は思っていたよりずっと広いです。
アップダウンはありませんが、見学には歩きやすい靴がおすすめです!




そして「東院庭園」に到着。

天皇や貴族が宴会などを行った建物や庭園が復元されています。




庭園の端には2階建ての「隅楼」。




屋根に黄金の鳳凰が輝いていました。




大極殿同様、雅な雰囲気を味わえました。

平城宮跡 モデルコース



以下は、私たちが実際に見学したコースです。
所要時間はランチや休憩も含め約4時間半。

朱雀門 → 朱雀門ひろばの施設(レストラン・遣唐使船・土産店・平城宮いざない館)→ 第一次大極殿 → 推定大膳職・推定宮内省 → 遺構展示館→ 東院庭園

遣唐使船や第一次大極殿は一見の価値ありです!
時間がない場合は、朱雀門と朱雀門ひろばの施設だけでもかなり楽しめると思います♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする