滋賀 「水生植物公園」ハスの見ごろ&近江牛ランチと草津宿本陣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



琵琶湖畔にある「水生植物公園 みずの森」へ行ってきました。

スポンサーリンク

水生植物公園 駐車場



公園の駐車場は無料です。(普通車84台)



入園料は大人300円、中学生以下は無料です。

水生植物公園 見どころ



水生植物公園は、びわ湖に突き出した烏丸半島にある植物園です。
近くには湖の生き物が展示されている「琵琶湖博物館」もあります。

噴水広場



入口すぐの広場では、季節の花々がお出迎え。




グリーンが涼しげなハンギングバスケットに



花壇も手入れが行き届いています。



水生植物園ということで、ありました”ハス”!



こちらはスイレンのプール。
みんな顔を近づけて観賞してます^^

花影の池



さらに進んでいくと、、




スイレンが見事な池。
モネの絵みたい♪



大きな皿みたいな葉っぱは、スイレン科の植物「パラグアイオニバス」。

なんと子供なら上に乗れるとか( ゚Д゚)!
毎年、試乗会が行われています。ケンケンパしてみたい~。

温室



続いて建物の中へ。




入口の水槽では、魚がスイスイ。



よく見ると・・ウーパールーパー!
泳ぐ姿を初めて見ました♪




温室へやって来ました。



メインは”熱帯スイレン”。
国内外の水生植物など一年中花が楽しめます。



温室を一歩出ると一面のハス。

レストラン



館内レストランでは、ハスを使ったソフトクリームがいただけます。



テラスもあって休憩に便利です。

スイレンとハスの違いと見ごろ



今までスイレンとハスの違いがよく分からなかったのですが、今回ようやく区別できました!
スイレンは水面に咲くのですが、ハスは水面より高い位置で咲きます。



比べてみると全く違うことに気づきました。

ちなみにハスの見ごろは6月下旬~8月、スイレンは6~7月です。
午前中の早い時間に行くのがおすすめ。
というのも朝に開花し、午後には閉じてしまうため。

琵琶湖



園内を歩いていると、びわ湖が見えてきました~。



山並みが一望でき、解放感があります。



んっ?何やら養殖場が。
魚かと思ったら真珠だそう。びわ湖パールって珍しいですね。

子ども向けスポット



芝生広場では、へんてこな形の木を発見。
実はかまくらになっていて、中に入れます!



「妖精の森」では、家も家具も小さくてかわいい~!
大人も子供も楽しめますよ。

アジサイの道



両脇にアジサイの咲く小道です。



奥へ行くと、背の高いメタセコイアも。
木々の隙間から湖が見えていい感じ。

湿生花園



遊歩道をぶらぶら。
ショウブなど湿地の水生植物がみられるエリアです。



湿地の周りでは、四季折々の花々が咲きます。

水生植物公園 まとめ



園内は広く、エリアごとに違う雰囲気が楽しめます。
所要時間は1時間。



自然に囲まれ、のんびり過ごせます。



一番の見どころは、やっぱりハスとスイレン!
他ではなかなか見られない絵画のような風景に癒されますよ。

近江牛ランチ 「安田良」



水生公園から車で20分、JR草津駅近くの「安田良」さんへ。




お肉屋さん併設の近江牛レストランです。
ランチメニューが豊富で、比較的リーズナブル。




個室で焼肉重をいただきました。



お肉が柔らかい~♪

草津宿



JR草津駅周辺をぶらり。

草津宿本陣



東海道と中山道の分岐点に位置する草津。





トンネルの先が分岐点です。



この辺りは江戸時代、宿場町として栄えていました。




現存する「草津宿本陣」の見学へ。(大人240円)



「本陣」とは大名や公家など限られた人々だけが利用できた宿です。



確かにめちゃ広くて立派~。



台所のかまども多ーい!



屋敷は460坪、部屋は30室以上あるそう。



帳面には、忠臣蔵の吉良上野介や浅野内匠頭、ドイツ人医師シーボルトなどの名が残されています。

近江の地酒「太田酒造」



ワインや焼酎なども手掛ける太田酒造さん。



立派な蔵が並びます。

抹茶庵「けんしん」



草津宿本陣近くの抹茶カフェ。
スイーツはもちろん、抹茶ソバなどのメニューもあります。



抹茶パフェいただきました~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする